自分に自信を持つということ

いまいち、自分に自信がないという方は、

この世の中にたくさんいることと思います。

 

自信がある人の方が、珍しいのかもしれません。

 

自分がやっていることは、

正しいのか、

世間的に見て、変じゃないか、

外れていないか・・。

 

そういったことを感じるということは、悪いことではないと思います。。

 

特に人生の前半の、10代から20代にかけては、

下手に自分に自信を持ってしまっている人ほど、後がもろくなる。

プライドが高くなったり、

人に対して素直になれなくなります。

だって、自分が優れていると思っているのだから。

 

若いうちは、せっかく失敗しても許される年代なのですから、

沢山失敗したり、

落ち込んだり、

自信を無くしたりという経験をしておくといいと思います。

 

そして、そのままつぶれてしまってはいけないから、

 

わからないことを知るために、

師匠というか、尊敬できる上司という存在が必要なのだと思います。

 

尊敬できる人を、一人は持つべきです。

そして、そのひとにしっかりとついていき、

怒られたり、注意されてもめげず、

 

尊敬できる人の言うことをきちんと聞いて、

決してあきらめずに志す物事に取り組んでいけば、

 

たとえ目に見える結果が出なくとも、

見えないところで必ず変化が起こっているはずです。

 

それが分かるかどうかは、

また自分次第なのですけれども。

 

実績からしか、自信は生まれない。

 

コツコツと、

毎日精進していきたいものです。

 

 

わたしのことですw

関連記事

  1. もうすぐ丸二か月

  2. 元気になった!お便り紹介 2

  3. ダメな日😫

  4. 今週のケロ看板

  5. またまた、頂きもの!

  6. 今を感じること