留守を守ってくれる神様

10月は、通称

神無月

とも言われています。

 

有名なお話ですが、

島根の出雲大社に全国の神様が出向いてしまうため、

神無月と言われるそうなのですが、

 

神様の集まる出雲地方では、

神在月(かみありづき)

と呼ばれています。

 

そして、出雲へお出かけし、留守をしている間に、

私たちのことを守ってくれる神様が、

恵比寿神

です。

 

恵比寿神は、

商売繫盛の神様。

それと、大漁、豊穣の神様でもあるので、

実りの秋にぴったりな神様なのですね。

 

恵比寿神様は、この時期には五穀豊穣を祈願するために忙しく、

そのためにお留守番役に抜擢されたのだとか。

 

色々な神様が、

日本を守って下さると思うと、

少しほっとする思いがしてきます。

 

過去の人々が、

私たちに残してくれたものは、

想像以上に大きいものなのだと感じました。

関連記事

  1. 最近の元住吉

  2. 台風の爪痕

  3. 遅ればせながら…。明けましておめでとうございます!

  4. 恋しい五月

  5. タリーズで鳥獣戯画特集をしていました!

  6. 野球観戦!