大切にしたい、にっぽんの暮らし。

大切にしたい、にっぽんの暮らし。

 

という本を購入しました。

 

四季整体という名前でお店を出している以上、

日本の四季を詳しく知りたい!

と思い購入。

 

例えば、暑中見舞いと

残暑見舞いの違い。

 

二十四節気の「小暑」(しょうしょ) 7/7頃〜

「立秋」(りっしゅう)8/8頃までを

「暑中」といい、

この時期に相手の健康を気遣って、挨拶状や贈り物を送る風習が

暑中見舞いだそうです。

 

ちなみに8/8の立秋を過ぎると、

「残暑お見舞い」になるのだとか。

 

まだまだこういったことも知らないことばかりですので、

色々と皆様にも四季の美しさを発信できればと思います。

 

相手の安否をたずねる言葉を入れる暑中見舞い。

 

こういった思いやり、気遣いの文化は、

とても美しいと思います。

 

気遣うだけで、元気が出てくる。

 

心の交流は、大切にしていきたいですね。

関連記事

  1. 人の体は、千差万別。

  2. 赤ちゃんのおもちゃたち

  3. 夏に気を付けてもらいたいこと諸々のこと

  4. ベイのシーズンが、終わっちゃった・・・。

  5. 四季整体の夏のお茶

  6. 筋トレの細々としたこと