覚えている体と心 1

人間って、一度体験したことは忘れないらしい。

 

 

心で忘れても、

体で覚えている。

 

 

懐かしい場所に来たりすると、

五感で記憶がよみがえったりします。

 

 

それも、人によって、得意な感覚があります。

 

 

嗅覚で覚えていたり、

 

視覚で色味を覚えていたり。

 

触覚で柔らかさを覚えていたり、

 

聴覚で昔のアーティストの音楽を聞いて懐かしさがこみ上げて来たり。

 

人それぞれ、得意な感覚が異なります。

 

 

 

懐かしさは、人の心を癒すという研究もあるみたいで、

 

 

思い出はいつもやさしいとか言うもんね。

 

 

 

昔の懐かしさで、自分を癒すことが出来ます。

 

 

 

ですので、たまには、ご自分で成し遂げてきたことを、

 

思い返してみてもいいのかもしれません。

 

 

それを現在に生かすことが出来るのであれば・・・・。

 

 

でも、乗り越えなければならない記憶もあったりします。

 

 

次回へつづきます。

関連記事

  1. 今を感じること

  2. 春の体

  3. 体が緩むと起こる変化 3

  4. 季節の変わり目 1

  5. 夏の旬の味覚

  6. 夜の感覚について。