秋の七草

春の七草は食べて味わいますが、

秋の七草は目で見て味わいます。

秋の七草は、

 

萩(はぎ)

桔梗(ききょう)

葛(くず)

藤袴(ふじばかま)

女郎花(おみなえし)

尾花(おばな)

撫子(なでしこ)

 

の七つです。

 

女郎花の、おみなえしという発音が好きです。

それと、尾花は、ススキのこと。

 

 

お花を眺めていると、そこにはお花と自分だけ。

 

自然を愛でるということは、自律神経を整えるのと同じ意味があるようです。

 

過去も、未来もなく、

あるのは自分と自然だけ。

 

すっきりした気持ちでいられれば、

健康な体も、すぐ近くに現れるはずです。

 

体から、心から、

元気になれるようにしていきましょう。

関連記事

  1. 紅葉狩り

  2. 二日酔い😓

  3. 桜木群青空

    元気になるということ

  4. 幸せな関係性。

  5. 春の体

  6. 整体を受ける人、する人との関係性