書き出し法

ある日、自分の気持ちが分からなくなってしまった時。

 

 

楽しいの?

気持ちいいの?

 

悲しいの?

怒っているの?

 

 

こんな気持ちが分からなくなってしまった時。

 

 

そんな時は、紙に書きましょう。

感じたこと、考えたこと全てを。

 

 

心の大掃除です。

 

 

まずは、

頭に思いついたことを、全て書き写します。

 

全てです。

 

いらいらしたとか、

楽しかったとか、

最近の出来事とか。

 

 

こうしたいこととか、ああしたいこととか…。

 

 

大体、ネタが尽きたら同じ事をループして書き始めますので、

とりあえずそこでストップ。

 

 

そして、内容を読み返します。

 

ちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、

さらっとでもいいので、読み返してみて下さい。

 

 

すると、

ちょっと自分の胸に刺さるような言葉があるはずです。

どきっとするような。

図星を突かれて痛いような、

 

また、読むと柔らかい気持ちになる言葉も…。

 

 

 

それが、あなたの本当の気持ちです。

 

 

今まで我慢していたり、

無視してみたりして、

閉じ込めていた気持ちです。

 

 

そして、けして最後には目を背けてはいけない気持ちです。

 

 

 

自分の気持ちが理解できたなら、

時間をかけてもいいから、

 

自分が紡いだその言葉に、

 

真摯に向き合ってみて下さい。

 

 

新しい発見とともに、

 

新しく、新鮮な

自分の体に出会えることが出来ます。

たまには、心の大掃除をしてみませんか?

関連記事

  1. 四季整体ツィッター、インスタ🐰

  2. 〈10月第2週〉 今週のケロ看板

  3. 体が緩むと起こる変化 3

  4. 腰が痛い時😢

  5. 銀杏

  6. 元気になった!お便り紹介 4