暑気払い 2

今回は、残暑を乗り越えられるよう、

前回に引き続き、暑気払いの方法をお伝えします。

 

 

前回お伝えした緑のカーテン、

つまり植物ですね。

 

 

つる性の植物が良いのですが、いくつか種類があります。

 

・へちま 大きな葉っぱで確実に日光を遮断!

・ゴーヤ 明るい色の葉っぱで部屋を暗くし過ぎず、柔らかく日差しを防ぎます。

・きゅうり へちまとゴーヤの中間のような性能。サラダの素材にも良し。

・朝顔 日よけの効果は薄いけれど、夏らしく涼しげ・・。

 

ホームセンターに行って、吟味してみてもよいかもしれませんね。

 

 

そして、もう一つ、

畳に使用されている、い草の効能についてお伝えします。

 

い草は、熱を伝えにくい性質があり、

そのおかげで外気に影響されにくいという性質があります。

 

夏はすずしく、冬はあたたかい。

 

日本人の知恵ですね・・。

 

更に、湿度を吸ったり吐いたりしてくれる、

天然の空調機のような作用も。

空気を綺麗にもしてくれます。

 

私も畳は大好きです。

 

フローリングには、ゴザをひいたりしてもいいですね。

 

本当に、昔の人の知恵には頭が下がります。

 

 

今は、科学が発達し過ぎていて、五感で季節を感じたりすることが

本当に少なくなりました。

 

もっと自然に、

野生の感覚を取り戻して生活していきたいものですね。

 

四季整体では、そういったお体を自然に戻すような

生活習慣をご提案することも行っております。

 

皆様が、自然な形で充実した生活が出来るよう、

精一杯施術させて頂きますので、

 

どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

  1. めまい・メニエール病

  2. カウンセリングの際に大切にしていること。

  3. 嬉しいお手紙!

  4. 体が緩むと起こる変化 2

  5. 梅雨から夏への移行

  6. 幸せな関係性。