夜の感覚について。

夜は、夜間痛と言われるような痛みが出ることが多々あります。

 

例えば、風邪をひいたときなんかを考えてみると、

 

夜間の方が熱が上がったり、のどの痛み等がひどくなるようなことが

多かったのではないでしょうか。

 

夜は、目を瞑り、外界の世界とシャットダウンします。

 

そうすると、以前記述した体への集中力が増して、

痛みの感覚が増えてしまうのです。

 

あまりにも辛いときは、

水分を取ったり、一度体を起こしたりして、

体への感覚をリセットしてみましょう。

 

あと、意外に有効なのが、寝る場所を変えてみること。

 

枕の位置をずらすだけでも構いません。

 

頭が静かになり、眠りやすくなりますよ。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

分からないことがあれば、四季整体までお問い合わせ下さいね。

 

いつでも心を込めて、お待ちしております。。

関連記事

  1. カウンセリングの際に大切にしていること。

  2. 出来ることと、出来ないこと

  3. お米について 1

  4. 12月第1週のケロ看板

  5. 春の体調不良

  6. 神棚