夏に気を付けてもらいたいこと諸々のこと

皆様、最近はいかがお過ごしでしょうか。

 

暑いから、素麺が主食になったりしておりませんでしょうか・・。

冷房に当たり、汗を冷やしたりしてしまっておりませんでしょうか・・。

 

昨今の地球温暖化、やはり環境の変化は大きいので、

致し方ない部分もあるのですが、

できれば工夫して夏を乗り切っていきたいものです。

 

そこで、最低限夏に気を付けてもらいたいことをお伝えしていけたらと思います。

 

まずは、食事。

 

基本的に、食欲もなくなる時期なのですが、

やはり血糖値を急激に上げないようにするコントロールが必要になります。

麺類や、お米、パン類など、

糖質を最初に摂ると、体内の血糖値のバランスが崩れがちになりますので、

まずはたんぱく質や野菜等から撮る様にしてみてください。

 

ただでさえ体調が崩れ、生活するのがやっとという方もいらっしゃいますので、

体に食事で負荷を与え過ぎない方が得策です。

 

 

あとは、日中の行動を避けて、夕方から夜にかけて軽く運動をしてみることです。

買い出しですとか、簡単なことで構いませんので、

少し外へ出て、適度な汗を流しましょう。

 

基本的に、日本人の体は四季に適応して今まで進化してきているはずですので、

一年中適温の温室栽培のような生活をしてしまいますと、

やはり自然な状態ではないのですね。

 

夜の方が、適度に気温は落ちていますので、

そこでなんとか夏らしい体を維持するために体を動かすことが大切です。

 

 

最後に、水分補給です。

 

前の記事にも上げましたが、

水分の他に塩分と糖分も必要になります。

 

お水と一緒に、

軽く食べ物を摂るというのも一つの手です。

ゆでたまごとか・・・。

そのあと飴をなめておくとか・・。

 

適度に栄養も補給していってもらえればと思います。

 

 

最後に、これは一般論的な夏の過ごし方ですので、

皆様人それぞれ、四季整体にご相談頂ければ、

もっと最適な生活方法をご提案することが出来ます。

体質も、人それぞれで全く違ってきますので・・・。

 

それでは、皆様が無事に夏を越せることを願っております。

 

暑さに負けないぞー。

関連記事

  1. 連休明けの準備🐱

  2. 八月の花嫁

  3. お米について 1

  4. 神無月

  5. 11月第5週のケロ看板

  6. 看板リニューアル!