咳に効く!はちみつ大根シロップ

今日は、クリスマスですね。

 

今年は平日でのクリスマスですし、

なかなか雰囲気が出にくい感じが、街からも伝わってきます。

 

 

そういう私も、既に年末に気持ちが移っていて・・・。

 

 

四季整体の装飾をどうしようか、なんてことを考えています。

 

明日から、取り掛かってみようかな。

 

 

 

さて、最近は空気の乾燥からか、

咳の症状を訴える方が増えてきております。

 

基本的に、施術の対応としては胸椎の三番をこすったり、

胸にある肺のツボを刺激したりしますが、

 

実は、ご自身でも、咳の対応が出来る方法があります。

 

 

 

それは、加湿をすることと、

はちみつ大根汁を飲むことです。

 

 

はちみつ大根汁について、

私は初めてこのやり方を聞いたのは知人からだったのですが、

かなり咳が楽になったので、ご紹介します。

 

 

まず、大根のカットしてあるものを購入し、

さいの目切りにします。

 

 

そして、それを出来れば密封容器に入れて、

大根の上からはちみつをひたひたになるくらい入れます。

 

そのまま、少なくとも一時間以上は放置します。

 

そうすると、だいこんのエキスとはちみつが混ざった、

透明なさらっとした上澄みの液体が出てきますので、

そこまで出来たら完成です。

 

 

元々、はちみつは喉に良いことで有名ですし、

大根には抗炎症成分と、消毒の効能が備わっているため、

 

この二つが加わると、気管の炎症も抑え、のどにいる菌を消毒し、

咳が出にくくなるという訳です。

 

 

余談ですが、人は皮膚が強くなると肺と気管支が強くなります。

ですので、昔ながらの健康法の乾布摩擦は、この時期の不調にかなり効果的でした。

 

 

現代人の皮膚は、昔の人々に比べると柔らかく弱いため、

お風呂に入った時などに、少しスポンジで強めに擦ってみたりしても、

咳に良いかもしれません。

 

 

最近、咳が出て止まらないという方は、

是非一度、この方法を試してみて下さいね。

 

 

今年も、あと一週間です。

 

体調をしっかりと管理して、

年末まで、頑張って乗り切っていきましょう!

関連記事

  1. ベイスターズに学ぶ、新しい風

  2. 暑気払い 1

  3. 動けないとき

  4. 送り盆

  5. 覚えている体と心 2

  6. 身体を冷やすもの