体が緩むと起こる変化 2

前回の続きです。

 

 

体が緩むと起こる変化。

 

 

前回お伝えしたことに加え、

 

 

体が緩むと体自体の様々な感受性が強くなり、

 

元々出ていなかった症状を感じるようになります。

 

 

例えば、

普段は肩こりがきつくて、

肩ばかり気になっていたけれど、

 

整体施術の回数を重ねると、肩の痛みでなく、腰の痛みが出てきた、とか・・。

 

 

体全体が緩むことによって、

緊張により見えていなった他の体の悪さが目立つことがあります。

 

 

一見良くないように見えますが、

これは体が良くなる過程において大切なことで、

 

きちんとご自分のお体を感じて、

ありのままの症状に対する対処をしていくことが大切になります。

 

これが出来ていないと、

体のサインに気づかず、

小さな悪さが大きな病気に繋がったりしてしまうこともあります・・。

 

 

ですので、体が緩む上で、

少し調子が悪い症状が出ることも、

 

人によっては治療の経過でもあります。

関連記事

  1. ご来院スパンについて・・・。1

  2. 料理はお好きですか?

  3. 嬉しいお手紙!

  4. 〈10月第2週〉 今週のケロ看板

  5. 自分に自信を持つということ

  6. 10月第4週のケロ看板