アクティブレスト 2

前回の記事の続きです。

 

アクティブレストが大切なのは、自律神経にも同じことが言えます。

 

 

基本的に、皆さんは土日休みだということが多いと思うのですが、

 

連休を取ってしまいますと、どうしても体のスイッチがオフに切り替わりがちです。

 

 

これの何が良くないかといいますと、

自律神経の副交感神経の働きが強いまま翌日の仕事に持ち越すので、

朝の目覚めが良くなかったり、

自律神経の切り替えが苦手な方は、

 

朝の副交感神経から交感神経に切り替わるタイミングで、

その変化に上手く体が対応できず、

めまいが出てしまったり、

動悸が出てしまったりということが出てきます。

 

そうすると、朝のコンディションは最悪に・・・。

 

そこで、アクティブレストです。

 

 

仕事の前日の夜は、寝る前に軽くストレッチをしてみる。

夕方から夜にかけて、

少しだけ家事をしたりお散歩をしたりして体を動かし、

交感神経の興奮作用を少しだけ出しておく。

 

これをしておくだけで、翌日のコンディションが全然変わってきます。

 

 

休み明けがだるくて、

どうしようもなく体調が悪い方は、

 

是非、アクティブレストを導入してみて下さいね。

四季整体でも、ご相談を承ります。

 

皆様が、日々元気に過ごすことが出来ますように・・。

関連記事

  1. お値段据え置き

  2. 読書の秋

  3. めまい・メニエール病

  4. 書き出し法

  5. 覚えている体と心 1

  6. 春の体