七五三

そろそろ、七五三の季節ですね。

昨年は、着物で着飾った子供たちが、住吉神社の境内でお参りしているところを、

よく見かけておりました。

 

 

七五三は、三歳と五歳の男の子と、

三歳と七歳の女の子のための行事です。

 

かつては、三歳は「髪置きの祝い」と言って、

三歳になった子供が、男女ともに剃っていた髪を伸ばし始め、

 

五歳は「袴着の祝い」で、

五歳になった男の子がはじめて袴を履き、

 

七歳は「帯解きの式」

七歳になった女の子が、

紐を使って着物を着ていた女の子が、

着物を着るときにはじめて帯を締めるという儀式でした。

 

そして、千歳飴は、長寿を願い、食べられてきたもの。

 

それぞれ、大人の、子供に対する成長への願いが込められた儀式なのだと思います。

 

昔は、出産できたとしても、無事に育つ子供が少なかった時代でしたので、

特に、こういった儀式が出来たといった喜びは大きかったことでしょう。

 

大きく、たくましく、優しい人に育っていってほしいという、

両親の祈りが、目に見えるような行事ですね。

 

元気に、大きく育っていってくれたら嬉しい限りです。

 

お子様だけでなく、大人も、

皆様が、毎日楽しく健やかに過ごせることを願っています。

関連記事

  1. カエルタビ 〜伊豆編1〜

  2. お肉とパンケーキ

  3. 秋が恋しい

  4. いざ青森

  5. 夜神楽

  6. あじさいまつり